休診日:水曜/日曜/祝日

  • 診療時間
  • アクセス

[ スタッフブログ ]

赤ちゃんと【ハチミツ】2017.04.17

【乳児ボツリヌス症】はご存知ですか?

先月、東京都で生後5か月のお子さまがお亡くなりになりました。

原因は【ハチミツ】です。 発症する1ヵ月ほど前から、離乳食としてハチミツを混ぜた市販のジュースを習慣的に飲用しており、そのハチミツ(1日2回10g)から【ボツリヌス菌】が検出されました。

【ボツリヌス菌】は自然界に常在し、ハチミツに含まれていることがあります。1歳未満の赤ちゃんは消化器管が未熟なため、腸内で増殖する恐れがあると言われています。

 

◎赤ちゃんのお母さん・お父さんやお世話をする方へ

1.1歳未満の赤ちゃんがハチミツを食べることによって乳児ボツリヌス症にかかることがあります。

2.ハチミツは1歳未満の赤ちゃんにリスクが高い食品です。

3.ボツリヌス菌は熱に強いので、通常の加熱や調理では死にません。

 

1歳未満の赤ちゃんに【ハチミツ】やハチミツ入りの飲料・お菓子などの食品は与えないようにしましょう。

 

【ボツリヌス菌】は、土壌中などに広く存在している細菌です。ボツリヌス菌が食品などを介して口から体内にはいると、大人の腸内では、ボツリヌス菌が他の腸内細菌との競争に負けてしまうため、通常、何も起こりません。 一方、赤ちゃんの場合、まだ腸内環境が整っておらず、ボツリヌス菌が腸内で増えて毒素を出すため、便秘、ほ乳力の低下、元気の消失、泣き声の変化、首のすわりが悪くなる、といった症状を引き起こすことがあります。

 

〜厚生労働省より抜粋〜